導入事例:コロナ禍における「密」を回避

CO2濃度のリアルタイム監視+空調制御


杉原エス・イー・アイでは、スマート工場化を推進しており、無線センサーネットワークを活用して、社内の環境データを社内のどこからでもリアルタイムに確認できます。

具体的には、自社で開発したワイヤレスエコセンサーを社内の必要箇所に設置して、自社事業所内・工場内の環境データ(温度/湿度/照度/気圧/CO2濃度/埃(クリーン度))をセンシングし、環境モニタリングシステム(データベースシステム)で一元管理しています。

センシングした環境データが閾値を超えた場合には(例えば、CO2濃度が1,000ppmを超えた場合)、管理責任者へアラーム通知(電子メール)ができますので、アラームへの対策を実施することが可能です。




「換気の悪い密閉空間」による新型コロナ感染リスク対策  

オフィス、会議室、社員食堂、更衣室等、人が密になりやすい場所のCO2濃度をリアルタイムに検出して、無線センサーネットワークを活用して環境モニタリングシステムで一元管理しています。 例えば、日中の会議室でCO2濃度が1,000ppm以上になった場合には、管理責任者へメールでアラームを通知し、管理責任者がその会議室の空調機器の外気取入れを調節し、「換気の悪い密閉空間」を解消することができます。

「空調機器の使用過多」に対する省エネ対策  

一方、「換気の悪い密閉空間」での新型コロナ感染を恐れるあまりに、空調機器を必要以上に使用することによる電力使用量の増加を防止し、省エネ対策を実現することも可能です。 例えば、日中の会議室でCO2濃度が外気レベルの400ppm程度まで低下している場合には、800ppm程度を上限として管理責任者が空調機器の使用を調節することができます。










お気軽にお問い合わせください。

お見積をご希望の方 お問い合わせの方

 ウェブ会議にも対応します!

ウェブ会議をご希望の方

 メール/お電話/FAXでもお気軽にどうぞ   メール:info@ssei.co.jp  / TEL:0270-25-8101 / FAX:0270-23-2779